借りていたお金を完済してる場合でも過払い請求の権利があります!まずは、請求権の確認が必要です。

不当な支払い金、過払いを考える研究室

金融業者の法外な金利は、返済する人々を苦しめてきたのではないでしょうか?
法のメスが入り、過払い金返還請求を行い、払い過ぎた金利を取り戻すことが可能になりました。

しかし、現実はなかなか難しく、揃えなくてはいけない書類や、相手との交渉など・・・。
時間をかけても素直に応じてくれないといったトラブルになるケースなどもあります。

ですが、これは正当な権利なのですから、過払い金を返還してもらえる方は、しっかりと請求して取り戻していただきたいと思っております。

全額は厳しいが部分的に返済できる場合の債務整理

これ以上は全く返済する事ができないというわけでもないけれど、自分の力だけですべての返済を終えるのはちょっとできないだろうと思われる時にも債務整理を行う事ができます。

どうする事もできなくなってから債務整理を行うよりも、デメリットが小さいやり方で解決する事もできますので早期に行う様にしましょう。

この様な状況では任意整理が適応される事もあり、金利以外の借り入れたお金だけを返済するという結果になる事が多いそうです。 これは消費者金融と話をして決定します。

話の中で決定していく事になりますので、できれば法律機関を通して話をする事が好ましく、その方がより要望を聞いてもらいやすいでしょう。

取引履歴がなくても過払いを司法書士へ

取引履歴がないと過払いを諦めないといけないという事はありません。取引履歴を金融機関に対して開示してもらう様に司法書士が依頼してくれます。しかし、書類があれば、すぐに司法書士は過払いの手続きに取り掛かる事ができます。

ですので、過払いをスムーズに行うためにも、書類は可能な範囲で集めて、司法書士に提示しましょう。過払いを司法書士に相談する際には、他にも印鑑などの持ち物が必要な場合もありますので、事務所に行く前には持ち物を確かめておきましょう。過払いができるのかどうかわからない場合には、自分で勝手に断念してしまわないで、その前に司法書士に相談した上でどうかアドバイスしてもらう事をおすすめします。

個人再生で減額できる金額は借金総額による

大阪で個人再生を考えている人は、住宅を残したいなどの事情がある人でしょう。個人再生で減額できる金額は、借金総額によって異なります。100万円未満の借金では、いっさい減額はできませんが、100万円~500万円の借金は100万円まで減額できます。3千万円~5千万円の借金なら、10分の1まで減額ができます。

このように、場合によっては大きなメリットがありますが、任意整理や自己破産のほうがメリットがあるケースもありますので、弁護士に相談をしてから決めることがおすすめです。メリットとデメリットをよく理解して、総合的にメリットがある方法を選びましょう。

ページトップへ戻る