借りていたお金を完済してる場合でも過払い請求の権利があります!まずは、請求権の確認が必要です。過払い、債務整理、自己破産、任意整理、交通事故慰謝料相談

弁護士基準での交通事故慰謝料

弁護士基準での交通事故慰謝料については、交通事故の被害者側が受け取る慰謝料の金額になります。この金額についてはさまざまな要素が含まれていて、基準も全部で3つあることがあげられます。この3つの中でも弁護士基準がやはり一番高い基準であり、多額の交通事故慰謝料を受け取ることができます。

また、後遺症認定についても交渉時におこなうものになりますので、しっかりと対応したうえで自分に有利になるように持っていくことがポイントです。むずかしいようであれば交通事故弁護士に依頼し、代わりに交渉を行ってもらいましょう。

交通事故慰謝料は弁護士基準で請求しましょう

交通事故に遭うと、慰謝料の額でトラブルになることがあります。最初に提示される慰謝料は、自賠責基準による慰謝料でとても安価となっているので、納得のいく額が提示されることがほとんどありません。納得が行かない場合は、弁護士に相談をして弁護士基準で慰謝料を計算してもらうようにしてください。

弁護士は過去の事例などを元に計算をしてくので、自賠責基準よりも高い額を請求することが出来るようになっています。自賠責基準で提示された金額に、納得がいかない場合はすぐに弁護士に相談をして交通事故慰謝料を引き上げてもらいましょう。

交通事故慰謝料は弁護士基準が一番高価です

交通事故にあった場合、最もトラブルになるのは交通事故慰謝料です。慰謝料の計算方法は3つあります。自賠責基準と任意保険基準、そして弁護士基準の3つとなっています。3つの基準で一番安価なのが、自賠責基準で、一番高価なのが弁護士の基準です。

自賠責基準が最初に提示されていきますので、慰謝料として一番安価となっているので、どうしても納得がいかない金額が提示されることがほとんどです。そんな時は弁護士に相談をして、弁護士基準で交通事故慰謝料を計算してもらいましょう。自賠責基準よりも高い慰謝料を請求することが出来ます。

交通事故慰謝料を請求するなら弁護士基準

交通事故慰謝料の請求をかける時には弁護士に依頼してしまいましょう。「弁護士に頼むと費用がかかる」と思って敬遠してしまう人もいるかもしれませんが、実は自賠責で請求をする場合と、弁護士基準を使用する場合では2倍、大きい時では10倍以上の差がでることがあります。

それだけ差があったとしたら依頼してもおつりがくるくらいです。費用もその受けとることができた慰謝料の中から支払うことができますので、前払い制ではありません。大体の金額としては、着手金2万円から3万円プラス雑費プラス報酬金といった所でしょうか?報奨金は受けとることができた金額によって異なってきます。

弁護士基準で受け取れる交通事故慰謝料

交通事故の被害者となってしまった時、安易に示談をしてしまうと低額の慰謝料しか得られない可能性があります。交通事故慰謝料には弁護士基準と呼ばれる示談金の相場があります。この言葉は、保険会社による示談金の払い渋りから広まりました。

実は本来、保険会社は事故の被害者に対して損害の全てを賠償する責任があります。しかし、保険会社は相場よりも下回る金額を提示し、多くの被害者はそれを受け入れます。しかし、これに弁護士を介入させることにより、これまでの交通事故の裁判判例を基準とした慰謝料を得ることができるのです。

交通事故弁護士に関する記事

過払い、債務整理、自己破産、任意整理、交通事故慰謝料相談に関する記事内容は弁護士事務所にご確認ください。

債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談についてはお近くの弁護士事務所、司法書士事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸、千葉には信頼できる弁護士(交通事故弁護士)、法律事務所があります。

債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談以外のお問い合わせはこちら

過払い請求を考える

司法書士について

債務整理

借金相談

交通事故弁護士に慰謝料相談

弁護士や法律事務所の相談

ページトップへ戻る