借りていたお金を完済してる場合でも過払い請求の権利があります!まずは、請求権の確認が必要です。過払い、債務整理、自己破産、任意整理、交通事故慰謝料相談

交通事故慰謝料とむちうちと請求

むちうちによる交通事故慰謝料の金額は時の場合と事故の状況によって大きく変わってきます。例えばAさんの事例ですと、会社帰りに右折をしようと待っていた所を、確認不足の車にぶつけられてしまいむちうちになってしまいました。

1年通院しても完治せず、2年通った所で症状固定と判断されてしまいましたが、まだ症状が残っていたため、弁護士に依頼をして、後遺障害の等級を申請しました。結果的には14級9号が認定されたたて、それに基づいて再度弁護士が保険会社との交渉を続けた結果ほぼ満額である110万円の慰謝料を得ることができました。

交通事故慰謝料はむちうち具合によって変わります

交通事故慰謝料で大きな差が生まれるのが、むちうちなどの怪我の程度です。とても酷いけがをしている場合は、高額な慰謝料になりますし軽症であれば、低い金額の慰謝料となります。しかしながらむちうちなどの怪我は口で説明するのが難しい為に、適正な認定を得られないことが多くあります。

その場合はとても低い金額が提示されるので、弁護士に相談をして適正な認定を得られるようにしてください。弁護士は過去の事例や経験を元に適正な認定を得られるようにしてくれます。示談交渉も代わりにしてくれますので、交通事故慰謝料で納得が行かない場合は、弁護士に相談をしてください。

主婦とむちうちと交通事故慰謝料いついて

主婦のかたの交通事故慰謝料は一般の社会人の人よりも安く提示されがちです。専業主婦のBさん事例を見ていきましょう。Bさんはある日買い物に行った際停車中だった所を後ろから車に追突され、むちうちになってしまいました。通院を続けていましたが、ある日加害者側の保険会社より治療費打ち切りの連絡があり、急いで弁護士に相談をしました。

まずこの場合には症状固定の件に関しては、相手の保険会社が決めるのではなく、医師の診断によるものになりますので、その点を訴えるようにしました。また9カ月後に症状固定と診断されてしまいましが、すぐに後遺障害の申請をして、等級をもらうことができました。

むちうちの交通事故慰謝料請求には準備が大事

むちうちによる交通事故慰謝料を請求しようと考えているのであれば、事前に準備をしておくことが大切です。準備が大切だとわかる事例として、コンビニに行く途中で事故にあってしまったDさんは、むちうちと足の打撲を負いました。すでに治療をはじめたときからもし症状固定が来てしまったら後遺障害の認定を受けようと考えており、すぐに弁護士に相談しました。

その結果知用中から申し込みに必要になるだろう書類の作成や、診断書の依頼などを済ませておき、いざその時がきたらすぐに申したてができるような状況にしておきました。結果すぐに承認がおり、無事14級を受けることができました。

むちうちによる交通事故慰謝料の事例

むちうちの後遺障害が残ってしまった時には、その後遺障害は症状の重さによって等級に分けられることになります。この等級によって交通事故慰謝料の金額が変わってくるためトラブルにも発展しやすいのです。事例としては自分で後遺障害の等級を取得するべく申請をしたが通らなかったため、弁護士依頼した結果、診断書に基づき14級を獲得することができたといったことがありました。

この場合まず法律事務所としては後遺障害非該当として扱うことになり、まずは申し立てをすることになります。等級14級の場合には弁護士基準ですと110万円が損害金と出るので、この差は大きいです。

交通事故弁護士に関する記事

過払い、債務整理、自己破産、任意整理、交通事故慰謝料相談に関する記事内容は弁護士事務所にご確認ください。

債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談についてはお近くの弁護士事務所、司法書士事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸、千葉には信頼できる弁護士(交通事故弁護士)、法律事務所があります。

債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談以外のお問い合わせはこちら

過払い請求を考える

司法書士について

債務整理

借金相談

交通事故弁護士に慰謝料相談

弁護士や法律事務所の相談

ページトップへ戻る