借りていたお金を完済してる場合でも過払い請求の権利があります!まずは、請求権の確認が必要です。過払い、債務整理、自己破産、任意整理、交通事故慰謝料相談

請求を依頼するには

過払い請求は、自分でも請求を行うことが可能ですし、自分で行えば、請求料金は発生しません。

しかし、過払い請求は、過払いの利息の確定や、必要書類などの記入などが必要なため、ある程度の知識が必要となります。

また、相手との交渉なども必要になってきますので、不安な方は、弁護士や司法書士に依頼することができます。

弁護士などに依頼しても、請求を行えばすぐに、過払い金が返済するという訳ではなく、最短で2ヶ月ほどかかります。

ですが、素直に過払い請求に応じない業者も多く、1年ほどかかるケースもあります。
長期化することも検討して、その間自分で交渉を続けることが可能なのかなども判断して、請求を行う必要があるでしょう。

こういったことから、専門家の弁護士などに依頼する方が、確実で精神的にも安心できると言えるのではないでしょうか。

過払いについての借金相談をしたい

テレビのコマーシャルや雑誌などで過払いについての広告を見かけるようになり、自身の過去に支払っていた借金についても気になっている人もいることでしょう。そのような場合においては、借金相談をしてみることをおすすめします。

借金相談できる機関については、さまざまな場所でおこなうことができます。司法書士や弁護士といった法律家にはもちろんですが、日本司法支援センターが実施する法テラス、もしくは日本クレジットカウンセリング協会もあります。専門の機関であれば、お金がなくてもとりあえず、相談にのってもらうことが可能になります。

過払い請求をすべきか法律家に借金相談

過払い請求をすべきか法律家に借金相談する事は、時効がありますので速やかにおこなうことをおすすめします。高い利息がついていた頃が2008年ごろまでであることがあげられ、時効は最終の取引の履歴から10年と言われていますので、もうそろそろ全ての請求について時効が発生することとなります。

時効が発生してしまうと、万が一高い過払い金が発生していた場合においても、無しになってしまいます。そうなってしまうと非常にもったいないことが言えますので、弁護士や司法書士のような法律家に速やかに対応してもらうことが必要になるでしょう。

過払いに関する依頼も可能な弁護士

借金に関する問題を抱えている方にとって、気にしておきたい事柄として挙げられる過払いは、弁護士や司法書士への手続き依頼も可能とされています。利息として支払い続けてきたお金のうち、支払い過ぎている金額が発生しているケースがあり、借入先である禁輸会社への返還要求となる請求手続きを行うことによって、返金されることもあります。

無料での相談業務として受け付けられていることも多く、実際に過払いが発生しているかどうか調べたい時などについても、有効的に利用できます。また個人的に対処を進めるより、金融会社からの対応がスムーズなことも多いものです。

過払いにおける弁護士への手続き依頼

借金問題における過払いの発生が発覚した際、借入先である金融会社への返還要求として請求手続きを進めることが可能とされています。個人的に対処するよりも、弁護士などの法律専門家への依頼を通じた手続きの方が、より速やかに対応してもらえることで知られています。

返金された金額によっては、借金の返済にも充当させられるため、借金の問題そのものの解決を目指すことが可能となる他、法律専門家への相談が無料で受け付けられているケースも多く、費用面を気にせずに問題対処できます。さらに書類の申請や連絡など、面倒な作業を一括して任せられます。

過払い請求に関する記事

過払い、債務整理、自己破産、任意整理、交通事故慰謝料相談に関する記事内容は弁護士事務所にご確認ください。

債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談についてはお近くの弁護士事務所、司法書士事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸、千葉には信頼できる弁護士(交通事故弁護士)、法律事務所があります。

債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談以外のお問い合わせはこちら

過払い請求を考える

司法書士について

債務整理

借金相談

交通事故弁護士に慰謝料相談

弁護士や法律事務所の相談

ページトップへ戻る