借りていたお金を完済してる場合でも過払い請求の権利があります!まずは、請求権の確認が必要です。過払い、債務整理、自己破産、任意整理、交通事故慰謝料相談

人生をやり直すチャンス債務整理

借金に困っている人が債務整理を行うと、借金が全額免除されたり、減額されたり、過払い金を回収できるなど人生をやり直すチャンスが与えられます。

しかし、良いことばかりだけではなく、ブラックリストにのるなどと言ったデメリットもありますので、そういったことを理解した上で債務整理を行いましょう。

債務整理は大きく分けると4種類ありますので、その債務整理が適しているのかはそれぞれ違いますので司法書士や弁護士に相談すれば丁寧に教えてくれます。

債務整理である個人再生をおこなう

債務整理である個人再生をおこなう場合において、任意整理や自己破産での手段でおこなう方が適しているかどうかを、しっかりと見極めることが大切になります。その理由としては、個人再生は任意整理や自己破産などの手段からみて、ちょうど中間の手段にあたるからです。

要素によってはどちらかに傾いてしまうことも予想されましたので、そのような確認をしています。しかしながら、もとから弁護士などにそのように、言われているのであれば安心でしょう。わかりにくいですが、今後を大きく左右するケースもありますので、慎重に考えて進めていくことが大切になります。

債務整理における個人再生を行う

個人再生を行う事は決してめずらしいことではありません。債務整理と聞くと自己破産や任意整理、過払い請求などのワードはよく聞きますが、個人再生についてはあまり聞き慣れない人も多いことでしょう。

理由としては自己破産と近いものがあり、任意整理を入れると丁度中間である手段だからです。しかしながら、役割はきちんと果たしていて、自身の所有する家や車などの財産を残したままに債務整理が行えたり、借金の総額がいくらか免除になる特徴があります。3年以内という計画になりますので、第二の人生をしっかりと歩むために大切な手段です。

債務整理における個人再生の内容

債務整理における個人再生の内容としては、自己破産と異なり自身の高額な家や車などの財産を残しておける点が、最大のメリットとしてあげることができるでしょう。また3年以内という期限がつきますが、借金の金額が半分まで免除される可能性がありますので、しっかりとした生活をおくっていくことができるでしょう。

任意整理をおこなうよりも少ない人数ですが、財産を残したいためにこの方法をわざわざ選ぶ人も多いことがあげられます。借金の問題については、法律事務所が長けていますので、しっかりと話しを聞くことをおすすめします。

個人再生は債務整理で考えられる

任意整理でも厳しいと思われている状況は、少しでも早く対応して、多くの人が安心できる状況にしたいものです。もっと減額したいなら、個人再生を利用していく方法もあります。個人再生は、大幅な減額を交渉するのですが、そのためには手続きが多くなっています。

用意されている手続きを全て完了しておかないと、完全に減額できるわけではありません。しかも減額できる幅が大きいものの、返済は確実に行わないと駄目で、返済を期限までに追われないような計画は作れません。債務整理でも問題となるような状況を作らないように、調整して使っていく方法です。

債務整理に関する記事

過払い、債務整理、自己破産、任意整理、交通事故慰謝料相談に関する記事内容は弁護士事務所にご確認ください。

債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談についてはお近くの弁護士事務所、司法書士事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸、千葉には信頼できる弁護士(交通事故弁護士)、法律事務所があります。

債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談以外のお問い合わせはこちら

過払い請求を考える

司法書士について

債務整理

借金相談

交通事故弁護士に慰謝料相談

弁護士や法律事務所の相談

ページトップへ戻る