借りていたお金を完済してる場合でも過払い請求の権利があります!まずは、請求権の確認が必要です。過払い、債務整理、自己破産、任意整理、交通事故慰謝料相談

司法書士で契約書

会社の経営を行っていると、何かといろんな種類の書類を作成しないといけない事もあるかと思います。

しかし、経営者は時間がなく忙しく仕事をしている事も多く、自ら書類作成をゆっくりと行っている時間がない事もある様です。

また、契約書というのは法的手段で物事を解決する時にも使用されます。自分で作成すると、記述すべき箇所が抜けていて、自分達が不利な立場に立たされてしまうという事もあります。

ですので、誰よりも法律に詳しい弁護士や司法書士にお願いするのがベストと言えるのではないでしょうか。司法書士は、きっと業務を行いやすくなる様に、ベストな書類を作成してくれるのではないでしょうか。

司法書士の業務内容について

司法書士の業務内容については多岐にわたっていて、会社や不動産の登記をはじめとして多くのことをされています。裁判の業務や相続業務の他にも、成年後見や債務整理を取り扱われています。

弁護士に比べて制限などがある業務はあるものの、成年後見や債務整理などは今後においても、大きく期待できる分野になるでしょう。また、司法書士においては、弁護士に支払う費用よりもリーズナブルな点があげられますので双方を比較し、より良い方に依頼していくことが得策になっていくでしょう。弁護士と同様で、得意とするものがありますので、その辺りを見極めて依頼していくことをおすすめします。

司法書士に借金相談をする

司法書士に借金相談をする事は可能で、弁護士と同じように債務整理をおこなえるようになりました。司法書士が債務整理をおこなうことには条件があり、一社あたりの借金総額が140万円以内であることと、簡易裁判所でのみの代理権が認められています。

狭い範囲にも思えますが、任意整理などをおこなう人にとってはありえる範囲でしょう。弁護士に依頼するよりも料金も割安であることから、債務整理を依頼する人が増えています。借金に困っている人は数多くいますので、相談できる人が増える事は非常に良いこととして言えることができるでしょう。

司法書士には安定する要素もある

弁護士のように負担が大きいわけでもなく、そうは言っても仕事量を多くされることもないので、司法書士は意外と仕事をしやすいと言われます。ただ大掛かりな仕事がもらえないので、困ってしまう場合もあります。

それでも過払いの相談を受け付けたり、債務整理などの実施を行えるのは、司法書士の良さとなっています。もちろん1人で対応できない事例であれば、信頼できる弁護士に相談してもいいでしょう。色々な対策を考えてくれる場合もあれば、仕事を引き継いでくれる可能性もあり、できることをお願いしても大丈夫です。意外と狙っている人が多い仕事でもあります。

司法書士の仕事内容と今後の展望

司法書士は、私たちの暮らしの中で生じる法律問題を相談できる、身近な法律家と言えます。司法書士の仕事は、不動産や会社の登記、裁判所・検察庁・法務局への提出書類の作成、簡易裁判所における訴訟・調停・和解等の代理、法律相談、企業法務、成年後見事務等多岐にわたります。

私たちの財産や権利を守るために、このような幅広い業務を通じて、トラブルを未然に防止したり、もしトラブルになった時も解決のためにアドバイスをくれたりサポートをしてくれます。高齢化社会が進む昨今、相続や遺言に関する業務や、成年後見業務のニーズが増えることが予想されることから、今後はさらに活躍のチャンスが広がると考えられます。

司法書士に関する記事

過払い、債務整理、自己破産、任意整理、交通事故慰謝料相談に関する記事内容は弁護士事務所にご確認ください。

債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談についてはお近くの弁護士事務所、司法書士事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸、千葉には信頼できる弁護士(交通事故弁護士)、法律事務所があります。

債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談以外のお問い合わせはこちら

過払い請求を考える

司法書士について

債務整理

借金相談

交通事故弁護士に慰謝料相談

弁護士や法律事務所の相談

ページトップへ戻る