借りていたお金を完済してる場合でも過払い請求の権利があります!まずは、請求権の確認が必要です。過払い、債務整理、自己破産、任意整理、交通事故慰謝料相談

請求には時効がある

過払い請求は、すでに借りていたお金を完済してる場合でも過払い請求の権利があります。
しかし、いつまでも請求権があるというわけではありません。

過払い請求権には時効が存在します。

最後に完済した日から10年で時効となります。
10年上経過してしまうと、いくら高額な金額であっても過払い請求を行うことはできません。

ですが、借入、完済と繰返し行っており、その間隔が10年以内のものは、何十年前に借りたものでも請求が可能です。

借金相談で過払いが見つかるケースはかなりある

自分は対象じゃないだろうと思っていた人が、意外と対象になっているケースもあります。そうした状況になっている方の場合、別の借金相談で話を持ちかけたところ、実は過払いが発生していたと判断される場合もあります。

様々な問題を抱えていて、借金について相談してみようと思って話をしたら、全く違うことで対応することとなる場合もあります。それでも過払いがあるなら、回収して返済に回せると判断できますから、これはいいのです。もし相談をしてみた時に起きていたと判断できるなら、それは回収して早々に借金から開放されるといいでしょう。

今後も過払いと借金相談は増える

時効を迎えるケースが多くなっているため、今後も過払いを回収するための依頼は増えることが予想されます。そして借金相談で対応するケースも多々あります。今まではそこまで考えなくてもいいように思っていたことが、実は非常に重要になっていた場合もあり、相談をして回収しないと駄目なことも多くなっています。

特に時効寸前とされている過払いを回収するためには、相当早く手続きを完了させなければなりません。多くの事例で対応できると言われますが、借金でも早く手を付けないと厳しいとされていることですから、対応には十分気をつけるのです。

過払い請求に関しても相談できる弁護士

借金を抱えている方が、長期間に渡って返済をしていた場合、支払い過ぎていた利息が過払い金となって発生しているケースもあります。借入先である金融会社への請求手続きによって返金されるケースもあり、損をしないための対策として慎重に対処したい事柄でもあります。

多くの方の場合は、弁護士や司法書士などへ相談される事での速やかな解決が求められ、個人的に対処するよりもスムーズな対処が可能とされることでも知られています。借金相談と共に進められる手続きであり、無料で相談業務も受け付けられているため、気軽に利用できます。

借金の過払いにおける弁護士の利用

借金を抱えている方に多く見られるケースとして、利息として支払いすぎている過払いの発生が挙げられます。借入先である金融会社への請求を行うことによって、支払い過ぎていたお金が戻ってくることも多く、慎重な対処を進めることで、借金問題自体の解決にも繋げられます。

弁護士や司法書士による業務としても取り扱われおり、過払い金の有無を調べたい時の気軽な相談から、実際に手続きを依頼するまでの着手が無料で受け付けられている機関も多く見受けられます。個人的に対処するよりもスムーズな解決が見込めるとされており、幅広く活用されています。

過払い請求に関する記事

過払い、債務整理、自己破産、任意整理、交通事故慰謝料相談に関する記事内容は弁護士事務所にご確認ください。

債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談についてはお近くの弁護士事務所、司法書士事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸、千葉には信頼できる弁護士(交通事故弁護士)、法律事務所があります。

債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談以外のお問い合わせはこちら

過払い請求を考える

司法書士について

債務整理

借金相談

交通事故弁護士に慰謝料相談

弁護士や法律事務所の相談

ページトップへ戻る