借りていたお金を完済してる場合でも過払い請求の権利があります!まずは、請求権の確認が必要です。過払い、債務整理、自己破産、任意整理、交通事故慰謝料相談

身分証明書を提示して債務整理

法律事務所や司法書士事務所に行って債務整理の依頼をする時には、身分証明書を提示しないといけない事もあります。

身分証明書として、自動車の免許書や、パスポートなどを提示しないといけない事もありますが、顔写真付きの物が要求される場合とそうではない場合とがあります。また、債務整理では金融機関から取引の際にもらった契約書なども提示を求められる事が多いでしょう。

必要な書類が分からないという時には、法律事務所や司法書士事務所に問い合わせをして、すぐに債務整理の依頼ができる様にしておきたいですね。また、所有する資産に影響する事もある債務整理は、不動産の登記簿謄本の用意が必要になる事もあります。

解約返戻金が発生する保険では、債務整理の際に関連書類が必要になる事もあります。

債務整理を依頼するなら弁護士と司法書士のどちらが得か

借金の負担を軽減できる債務整理は、法律の専門家に手続きを依頼するのが一般的です。依頼可能な専門家には、弁護士と司法書士の2種類があります。はたしてどちらに依頼するのがお得なのでしょうか?

比較前の大前提として、司法書士は140万円以下の借金しか取り扱うことができない点に注意してください。ではまず必要経費に関して、これは司法書士の方が比較的安価です。ただし司法書士は費用の分割払いに対応していない所が多いので、一概に安ければ良いとも限りません。業務内容に関しては、弁護士の方が取り扱える仕事の幅が広いため頼りになります。

高額な債務整理ほど弁護士の助力が必要になります

債務整理を行うにあたり一番初めに気をつけるべき点は、借金の額に関することです。金額が140万円超と高額であれば、認定司法書士に取り扱うことができなくなりますので、弁護士に依頼するか、自分自身で手続きを行うしか方法がありません。

ここで素人が独力で手続きを行うと後悔する場合もあります。高額な債務整理は債権者の反対を受けるケースが多く、もし反対されると裁判所での論争に勝利しなくてはならないのです。

こうなってしまうと素人の手には負えません。弁護士に相談していれば、代理人として裁判所へ出廷してくれるので安心です。目先の出費にとらわれず、素直に法律の専門家へ依頼すると良いでしょう。

債務整理の個人再生をおこなった場合

債務整理における個人再生をおこなった場合には、信用情報などに掲載されてしまいますので、しばらくの間は貸金業者からなどの借り入れはできなくなってしまいます。しかしながら裁判所で認められたられた場合には、返済が半分免除されることが認められたり、3年間の猶予の中で返済計画を立てることが可能になります。

また、自己破産と大きく異なり、自身が所有している自家用車や、自宅などの財産を処分しなくていいことが最大のメリットとなるでしょう。その部分から自己破産ではなく、個人再生を選択する人もいることがあげられます。

債務整理のなかの個人再生をおこなう

借金の返済が立ち行かなくなり、返済することが難しくなった場合には債務整理をおこなっていくことになります。債務整理のなかでも個人再生というものがあります。この手段のいいところは、家や車などの財産を失わずに済むことです。

そのおかげで暮らす場所などを変える必要がありませんので、生活に困る事はないでしょう。また、指定された月日で返済をおこなっていけなければいけませんが、借金の金額を免除してもらうことが可能ですので生活は楽になるでしょう。金銭的な余裕をしっかりと持って生活していくことが可能になるでしょう。

債務整理に関する記事

過払い、債務整理、自己破産、任意整理、交通事故慰謝料相談に関する記事内容は弁護士事務所にご確認ください。

債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談についてはお近くの弁護士事務所、司法書士事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸、千葉には信頼できる弁護士(交通事故弁護士)、法律事務所があります。

債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談以外のお問い合わせはこちら

過払い請求を考える

司法書士について

債務整理

借金相談

交通事故弁護士に慰謝料相談

弁護士や法律事務所の相談

ページトップへ戻る