借りていたお金を完済してる場合でも過払い請求の権利があります!まずは、請求権の確認が必要です。過払い、債務整理、自己破産、任意整理、交通事故慰謝料相談

自分では難しい過払い請求

自分では難しい過払い請求を行うためだけに、弁護士や司法書士の所に相談しに行く人もいます。

しかし、多くの場合は、返済するのが大変になって弁護士や司法書士に相談した際に過払い請求が行われる様ですね。

過払い請求だけを積極的に行いたいという人はそれほど多くはないようです。費用や手間がかかる事が大きな原因の一つであると言えるでしょう。

更に訴訟になった場合には債務者の負担はかなり大きくなる事も考えられます。

考えられる他の原因としては、過払い金が発生している事に債務者自身が気付いていないか、またはそれほどの金額ではないために取り戻す事をあきらめている人もいるかもしれませんね。

過払い請求で払い過ぎた利息が返ってくる

利息制限法を上回る金利でかつてお金を借りていた場合、既に完済している場合でも過払いしたお金を請求することが可能です。これは利息制限法の上限内で金利を設定すべきなのに、ほとんどの消費者金融等は出資法ギリギリの金利を設定していたからで、現在は違法であったとして計算し直して差額を請求することができるのです。

過払い請求する際の注意点としては、過払い金返還の期限は10年ですから、完済して10年以上過ぎている場合では請求することができない点です。グレーゾーン金利が違法であるとして世間を賑わせてからかなり時間も経っており、請求できないケースは今後加速度的に増加します。消費者金融等を利用したことがある方はもう一度自分の借金履歴を調べてみたり、弁護士、司法書士に相談してみるのもおすすめです。

司法書士でも異なる過払い相談

同じ司法書士と名乗る人に過払いの相談をするという場合であったとしても、何もつかない司法書士もいれば、最初に認定と付く人もおり、この認定という2文字があるかどうかで過払いにおける仕事の範囲は異なります。

基本的に認定司法書士と呼ばれる人達の方が、過払いなどの法律問題において扱う事ができる範囲は広くなります。過払いについてぜひ司法書士に話を聞いて欲しいという場合には、認定と付くのかどうかという事について確かめる様にしましょう。しかし、司法書士ではなくて、弁護士に過払いの相談をする際には、オールマイティに扱う事が可能ですので、業務の取り扱い範囲に関する心配はないかと思われます。

過払いにおける借金相談は誰にすべきか

過払いにおける借金相談は誰にすべきか、迷う点でもあるでしょう。最近では弁護士だけではなく、司法書士についても過払い金の請求をおこなえるようになりましたので、役割は大きいと言えるでしょう。弁護士が万能である事は言えますが、費用が高い点や多忙な可能性もあります。

そうしたことを考えると費用が安く、町の法律家とも言える身近な存在である司法書士に借金相談をする人も少なくはないでしょう。しかしながら、司法書士は借金の相談については制限がありますので、その点をしっかりとリサーチしてから依頼することをおすすめします。

過払いの借金について、法律家に借金相談する

過払い金の請求については弁護士や司法書士に頼らず、自力で請求することもできます。しかしながら、債務整理については法的な要素が大きく関わってきますし、失敗した場合のリスクも大きいことがあげられますので、できる限り弁護士や司法書士などの法律家に借金相談することが得策になるでしょう。

自力でおこなったとしても、債権者である貸金業者が対応してくれる可能性も低い点があげられ、時間がかかってしまうケースも予想されますので、そのようなことであれば法律家に対応してもらうのが、一番得策であることがあげられるでしょう。

過払い請求に関する記事

過払い、債務整理、自己破産、任意整理、交通事故慰謝料相談に関する記事内容は弁護士事務所にご確認ください。

債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談についてはお近くの弁護士事務所、司法書士事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸、千葉には信頼できる弁護士(交通事故弁護士)、法律事務所があります。

債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談以外のお問い合わせはこちら

過払い請求を考える

司法書士について

債務整理

借金相談

交通事故弁護士に慰謝料相談

弁護士や法律事務所の相談

ページトップへ戻る