借りていたお金を完済してる場合でも過払い請求の権利があります!まずは、請求権の確認が必要です。過払い、債務整理、自己破産、任意整理、交通事故慰謝料相談

司法書士で相続相談

遺言書にはいろんな種類の物があります。その中で公正証書遺言と呼ばれる物があります。

その書類は、遺言を残したい人本人が書類を作成するのではなく、公証人と呼ばれる人に内容を伝えて、公証人が書類作成を行います。司法書士が公証人となる事もあります。

また、公証人となる司法書士などの法律家が自分勝手に書き込んではいけませんので、2名以上の証人が必要です。ですので、たくさんの人が関わっていますので、確実な内容である場合が多いでしょう。

相続で取り返しがつかない事もありますので、この様に慎重に遺言を作成する必要があります。例えば体が不自由で動かせない人も相続に関して、この手段で遺言を残す事ができます。

相続相談はいつするべき?

相続相談を親族以外に依頼する場合には一体どのタイミングで依頼すればいいのでしょうか?もし故人に遺言書があるのであれば、本当は遺言書を開いて検印してもらう時に立ち会ってもらうのが一番安心です。

法律に詳しい人に一緒にいてもらえば、遺言書の中身に間違いがないことも一緒に確認してもらうことができます。遺産分割協議を行うような場合には、協議が完了して、自分も内容に納得しましたよという判子を押す前に、不満があるのでしたら依頼するのがベストです。基本的に判子を押してしまった後の協議のやり直しは認められていないため、話合いが完了する前に依頼しておく必要があります。

相続相談なら誰にする?

もし自分が相続相談を誰かにしようとした場合には、誰に依頼するのが一番いいのでしょうか?相談する相手として考えられるのは①弁護士②司法書士③会計士といった所でしょうか?誰に相談したらいいのかに関しては、どういった財産を分与されるのかによって異なってきますし、また金額によっても変わってきます。

例えばある一定以上の金額がある場合には相続税がかかってくるので、その相続税の書類に関しては公認会計士でないと作成することができません。また不動産関係でしたらそれなりに知識がいるので司法書士に依頼するのが、余分がなくスムーズです。

様々な相談が飛び交う相続相談

相続相談には、遺産分与について様々な質問が行われています。子供がまだお腹にいる段階で、事故で夫が亡くなった場合の遺産相続はどうなるのか。子供がいない夫婦でどちらかの配偶者が亡くなった場合、相続人は残された妻や夫だけではなく、亡くなった配偶者の親や祖父母も相続人となります。このケースでは実在はしていませんが、お腹の中に子供が存在しているため、結論的には無事出産できれば相続が発生するため、出産した以降に遺産分割をするのが良いそうです。このような悩みにも法律の専門家が的確に丁寧にアドバイスしてくれます。

相続相談は日頃からしておこう

相続問題は、多くの人が経験するものでありながら、実際に経験する時には戸惑うこと、疑問に思うことが少なくありません。誰でもそうですので、相続相談を普段からしておくのがベストです。それは、家族での会話で話題にすることでも当てはまります。

次の被相続人になるだろう親などにどのように相続して欲しいか聞いておくのもいいでしょう。遺言書の話をしてみてもいいかもしれません。兄弟がいる場合、離れて暮らしている場合も、折に触れて話をしておくと、実際に手続きをおこなう際にトラブルが起こりにくくなります。遺産相続で兄弟間、親戚間、親子間でいさかいが起きると、その後は関係が断絶することもある程です。

司法書士に関する記事

過払い、債務整理、自己破産、任意整理、交通事故慰謝料相談に関する記事内容は弁護士事務所にご確認ください。

債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談についてはお近くの弁護士事務所、司法書士事務所にご相談ください。 大阪、京都、神戸、千葉には信頼できる弁護士(交通事故弁護士)、法律事務所があります。

債務整理(過払い請求や自己破産や任意整理)、交通事故慰謝料相談以外のお問い合わせはこちら

過払い請求を考える

司法書士について

債務整理

借金相談

交通事故弁護士に慰謝料相談

弁護士や法律事務所の相談

ページトップへ戻る